パソコンアフィリエイトで役に立つ情報商材 稼げるブログ記事の書き方

パソコンアフィリエイトで役に立つ情報商材

ブログを使って情報商材をアフィリエイトする方法をお伝えしています。これからアフィリエイトを志す方のお役に立てれば幸いです。
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web拍手
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

稼げるブログ記事の書き方

稼げるブログ記事の書き方

ブログは一般のホームページに比べて簡単に始めることができますが、始めたからといって簡単に稼げるわけではありません。


簡単に稼げないのはホームページも同じですが、初心者がはまりやすいブログ特有の落とし穴にはまると、長い期間苦しむことになります。


稼げるブログになるための第一の目標は、アクセス数を増やすことです。


ブログのアクセス数を増やすために以下の点を意識して記事を書くようにしましょう。


テーマをはっきりさせる

ブログの一番の特徴は「日記形式」だということです。ブログはネット上で記事を書くだけで簡単に更新できてしまうので、思いついた記事をダラダラと書いてしまいがちです。


それでは稼げるブログにはなりません。


ブログのテーマをはっきりさせましょう!

テーマは、趣味でも仕事でも時事ネタでもなんでもいいです。テーマをしぼった情報はそれだけで価値があります。


テーマをしぼればしぼるほど、そのテーマに本当に関心のある良質なユーザーが集まります。


ユーザーが集まりやすいだけではありません。


ブログのテーマをはっきりさせれば、アドセンスもテーマにマッチした広告が表示されやすく、クリック率も上がります。


一番稼げないブログは、”私のなんでも日記”です。


見出しをきちんと使う

ブログの記事は単に文章を並べるだけではいけません。文章のあいまに小タイトルである「見出し」をきちんと挿入しましょう。


ほとんどのブログで、記事内に「見出し」タグをつける機能があります。


記事内に見出しをつけるだけで、文章が格段に読みやすくなります。新聞をイメージしてください。


新聞記事の文字の大きさが全て同じだったとしたら、とても読みにくいでしょう。


新聞も要所要所に見出しがあるから読みやすいのです。


また、記事内に見出しを含めることによりキーワードの出現頻度も増え、アクセスアップのSEO効果もあります。


関連記事やナビゲーションをわかりやすく

ブログの記事は時系列で並ぶため、古い記事が下へ下へ流されていきます。これでは稼げる記事があったとしても奥の方に埋もれてしまいもったいないです。


新しく書いた記事に関連する過去の記事がある場合は、記事内に過去の記事へのリンクを貼って紹介しましょう。


ブログの中をユーザーが行き来することにより、稼げるチャンスが増えます。


また、人気の記事や読んで欲しい記事は「おすすめ記事」として、ブログのわかりやすい場所でナビゲートするといいでしょう。


ブログは基本的にサイトマップ(ブログの全体像)がわかりにくい構成でできています。


ナビゲーションを工夫して、使いやすく整理されたブログを目指しましょう。


相互リンクを依頼する

ブログは相互リンクを貼り合うという文化があまりありません。これはもったいないです。


同じテーマのブログや記事と相互リンクを貼り合えば、アクセス数は確実に上がります。
同じテーマのブログをみつけたら遠慮なく相互リンクを申し込みましょう。


礼儀を守ってコンタクトをとれば、いきなりのメールでも大丈夫です。


そのためにもブログのテーマは明確な方がいいですね。


テーマの違うブログからの相互リンクの依頼はOKしにくいからです。


ブログの場合、メールアドレスなどの連絡先が書いていないことも多いので注意してください。


あなたにコンタクトを取りたい人がいるかもしれません。


ブログには、メールアドレスかお問合せフォームを必ず設置するようにしましょう。


また、ブログのわかりやすいところに「リンクフリー」と書いておくと、リンクしてもらえる可能性が高まります。


新鮮さとスピードが大事

ネットはスピードが命です。新鮮なネタをいち早く記事にすることができれば、大きなアクセスアップを見込めます。


ブログはネットに公開されるスピードが速く、新鮮なネタを扱うのに向いているのです。


あなたのブログが扱うテーマで、新しいニュースがあった場合は必ず記事にしましょう。


昔からあるネタはネット上にも情報が多く、アクセスを稼ぐことは難しいです。一方、新鮮なネタは情報も少なく、アクセスアップに最適です。


web拍手
[ 2009/04/17 12:28 ] ★ 未分類 | TrackBack(0) | Comment(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



無料レポート
infotopランキング
最 新 記 事 一 覧


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。